ホワイトニングって何のこと?

ホワイトニング、という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
この言葉は、しばしば顔における美白などでも用いられます。しかし一般的には、主に「歯を白くすること」を指す単語です。

 

ホワイトニングの歴史は、1960年代から始まります。医学利用=健康利用だけであった時代が終わり、「より美しく、よりきれいに」なるために医学が利用されたのも、それに拍車をかけました。

 

ホワイトニングが生まれたのはアメリカですが、1978年くらいまでは、まだホワイトニングによる健康被害が報告されていました。そのため、ごくごく小さなコミュニティの間でしか、このホワイトニング技術は普及していなかった、と考えるのが一般的です。

 

「自宅でできるホワイトニング技術」が確立されたのは1990年頃と、意外なほど遅いです。

 

欧米諸国のように、歯を見せて笑うという文化があまりない日本においては、ホワイトニングの導入も大きく遅れました。日本にホワイトニングの技術や考えが始まるのは、更に5年後、1995年のことになります。CMが一世を風靡したことを、覚えているひとも多いのではないでしょうか。

 

しかしながら、ホワイトニングの技術は日進月歩。導入は諸外国に比べて遅かったものの、その技術は格段に進歩しています!

 

ホワイトニングを病院で受ける〜そのメリットとデメリット

 

そんなホワイトニングをする方法ですが、大きく分けて、病院でできるものと自宅でケアするものの2種類があります。ここではまず、病院で行うホワイトニングケアについて考えていきましょう。

 

美容外科といえば脱毛や整形、というイメージがあるひとも多いはずです。両方に共通する治療方法としてあげられる「レーザー療法」ですが、これは歯のホワイトニングにも使われています。このことからも、レーザーによる治療というのは、美容外科では非常に重宝される技術だといえそうですね。

 

現在使われているのは、薬によるものです。
病院ということもあり、効果はある程度確実性がありますが、結局のところ「薬」を使うものであるため、自宅ケアのものと有用性は変わらないのではないか?と考えるひとも多いです。
また、病院の医師も、ほとんどのケースで、「当院でも対応しますが、家でも対処していかなければなりません」と答えています。

 

尚、病院で行う場合は割高になるのではないか?という心配もあるかと思います。確かに家でのケアに比べてやや費用はかかりますが、ワンコインから試すことができるなど、病院によって工夫がなされています。

 

ホワイトニングを自宅で行う〜そのメリットとデメリット

 

ホワイトニングの方法として、先ほどは病院のものを紹介してきました。ここから紹介するのは、自宅でケアを行う方法です。ホワイトニングを志すひとの多くが、「まずは自宅ケアから」と考えるのではないでしょうか。

 

自宅で行うことのメリットは、やはり「めんどうさがない」ということです。薬局などにもホワイトニングのための商品は売っていますし、通販を使えば家まで届けてもらうことさえ可能です。買ってきたその日から使うことができ、病院にまで出向く必要のないという点だけでも、自宅ケアはかなりメリットが大きい、と考えられるでしょう。

 

また、自宅ケアの場合、基本的には病院での施術よりも安くてすみます。もちろん病院ごとに営業努力をしていますから、一時期よりもずっと取り組みやすい価格になったのも事実です。でも、交通費などを考えると、やはりおいそれとはいけませんよね。
心理的な抵抗感が少なくてすむのも、自宅で行うホワイトニングケアのメリットだと言えます。

 

効果に関しては、やはり病院の方が高いです。また、種類も選ぶことができます。しかしながら、芸能人などではなく、「歯の黄ばみを少し改善したい」という程度のことであれば、自宅でのケアも非常に有用です。

ホワイトニングとは関連ページ

歯が黄ばむ原因
歯の黄ばみに関する原因とステインについての情報
コーヒーで歯が黄ばむのか
自宅ホワイトニングを考えている人のほとんどがコーヒーもしくは愛煙家というパターンが多いです。かくいう私も珈琲好き。ということで今回はコーヒーで歯が黄ばむ謎について書きます。
ステインとは
ホワイトニング関連のことを調べていると必ずステインに関する文章が目に入ります。