なぜ歯に黄ばみ、黒ずみが出てしまうのでしょうか?

特に前歯の黒ずみ、黄ばみが気になるという方が多いようですが私達の食べるものや歯の磨きの仕方などが関係しています。

 

コーヒー、コーラ、ウーロン茶、紅茶、赤ワイン、ビールといったカフェインやポリフェノールを含む飲料、カレーやチョコレートなどの食品も歯の黄ばみや黒ずみの原因となります。
喫煙も歯が変色する原因と言われています。
色素が歯の表面のたんぱく質に付着することで沈着します。

 

研磨剤が多く含まれる歯磨き粉を使用し強い力で歯を磨きますと歯の表面のエナメル質に細かい傷が付きます。
内部である象牙質のたんぱく質が露出し喫煙、飲食により色素がその部分に入り込み着色することもあります。

 

テトラサイクリンという抗生剤を服用されている方は象牙質に色素が沈着し変色する事があります。
歯の内側から変色してしまうので歯磨きだけではホワイトニングするのが難しいようです。

 

加齢と共に象牙質とエナメル質が変質することで変色する事もあります。
年齢と共に代謝が低下しますと象牙質の白さが失われ色が濃くなることがあります。
食べ物や歯磨きなどにより表面のエナメル質の層は薄くなりますのでより象牙質の色が濃く見えてしまいます。

 

ホワイトニングをしたい!〜歯の変色の原因を探る、薬編

 

他の「黄ばみ」と違い、自分では避けるのが難しいのが薬による葉の変色です。今回はこれについて見ていくことにしましょう。

 

歯の黄ばみを引き起こす薬の中で、特に有名なのがテトラサイクリンでしょう。これは一種の抗生物質であり、大腸菌などに対する対抗策として用いられます。これによって歯の黄ばみが起こることは広く知られているため、子どもなどに使うことは、基本的には避けられています。しかしながら他の方法がない場合、テトラサイクリンが処方されてしまう場合もあります。

 

問題はこのテトラサイクリンは、「乳歯の時期に使っても、生え変わった永久歯にまで影響を及ぼす」ということです。

 

健康を手に入れるための苦肉の策とはいえ、これはかなり問題ですよね。

 

これは「内側から」歯が黄色くなってしまう状況ですから、一般的なホワイトニング方法などではなかなか改善してくれません。ただし、まったく効果がない、というわけではなく、多少の改善を期待することはできます。

 

テトラサイクリンによる歯の黄ばみの場合、一度は病院の診察を受けておくべきです。それによって対応策を一緒に考えていくことができるからです。

 

ホワイトニングをしたい!〜歯の変色の原因を探る、タバコ編

 

ホワイトニングに取り組むきっかけとなるのは、多くの場合、「自分自身で、あるいは周囲に指摘されて、歯の黄ばみに気がついた」ということなのではないでしょうか。

 

では、そもそも、どうして歯は黄ばむのでしょうか?

 

これにはいくつかの理由があります。前にも触れたように、コーヒーなどによって歯が変色することも当然考えられます。ただ、歯の黄ばみの原因として、コーヒーと並んで有名なのが、やはり「タバコ」でしょう。

 

タバコの中に含まれている成分というのは、体に悪いだけでなく、歯の黄ばみの原因にもなります。ニコチンなどの中に、ホワイトニングを妨げる成分が含まれているのですね。タバコによる歯の変色は、コーヒーなどと違い、「ヤニ汚れ」と呼ばれて明確に区別されています。

 

ヤニ汚れの厄介な部分というのは、たとえどれほど気をつけて歯磨きをしていたとしても、完全に避けきることはできない、ということです。また、とても長く根深く定着するため、ホワイトニングを施しても改善しづらいという問題があります。あまりに長期にわたり、根深く進行してしまったヤニ汚れの場合、薬剤濃度の引き上げなどが必要になります。

 

ホワイトニングをしたい!〜歯の変色の原因を探る、その他編

 

 

薬やコーヒー、あるいはタバコといったものは、歯の黄ばみの原因として、非常に想像しやすいものです。しかしそれ以外にも、歯の色を悪くする原因というのはたくさんあります。今回はそれについて紹介していくことにしましょう。

 

まずは、加齢によるものです。
歯の表面を覆うのはエナメル質ですが、これの「品質」が変化することによって起こります。何度も繰り返してきた歯磨きなどによって薄くなってしまったエナメル質の下から、象牙質の色が透けてしまうことによって起こります。これもある程度は仕方のないことですよね。黄ばむのがイヤだから、と歯磨きを怠れば、そちらの方が問題が大きいからです。

 

コーヒー以外にも、歯の黄ばみの原因となる食べ物はあります。たとえば赤ワイン。チョコレート。それから、意外なところでは紅茶やブルーベリー、ケチャップなども影響を与えます。
「ええ?!これ、大好きなのにー!」というひともたくさんいると思いますし、なかなかショッキングな事実ですよね。かくいう私も、チョコレートのおつまみにチョコレートを食べますし、コーヒーも大好きです……。
しかしこれは、日々の歯磨きで予防できます。

 

ホワイトニングで歯を白く

ホワイトニングとは歯を削ることなく歯の色素沈着を漂白し歯が持つ本来の白さや輝きを取り戻すことです。

 

ホワイトニングは歯への負担がありません。
削ることや抜く事はありません。
一般的に使用されるホワイトニング剤の主要成分である加水か水素はアメリカ食品医薬品局でも安全が保証されています。
一度ホワイトニングしても時が経過しますと再度食品や喫煙により着色する事がありますが何度でも行う事が出来ます。

 

短時間でお手軽に行える事もポイントです。
治療するのに必要な時間につきましては変色の原因や状態、どの程度の白さを希望するかにより個人差があるようですがオフィスホワイトニング(歯科に通院する)では1〜3度程度の通院、自宅でホワイトニング剤を使用して行うホームホワイトニングでは2週間から数ヶ月かかると言われています。

 

ラミネートベニアやセラミッククラウンなどの方法に比べ治療費を抑えることが出来ます。

 

詰め物や入れ歯、差し歯はホワイトニングできません。
ホワイトニングの効果は永続する訳ではありません。
一般的に効果は半年から一年程度と言われていますので再度着色する可能性があります。
まれに過敏症が起きる事がありますので実施する前にホワイトニングの内容をよく確認しておきましょう。

 

 

管理人が体験したホワイトニング

歯が黄ばむ原因関連ページ

ホワイトニングとは
パールホワイトプロEXを使う前にホワイトニングについて勉強しましょう。
コーヒーで歯が黄ばむのか
自宅ホワイトニングを考えている人のほとんどがコーヒーもしくは愛煙家というパターンが多いです。かくいう私も珈琲好き。ということで今回はコーヒーで歯が黄ばむ謎について書きます。
ステインとは
ホワイトニング関連のことを調べていると必ずステインに関する文章が目に入ります。